耕作放棄地や里山の再生から商品開発・販売にいたるまで、「農林業」をトータルにプロデュースする『JAFREC』の上田悠貴インタビュー!

5 새로운농업

日本の農林業が抱えている諸問題(耕作放棄地、荒廃林、放置竹材、竹材・木材の需要低迷、農林業従事者の高齢化、後継者不足)を解決しようと、様々なプロジェクトを通じて未来へと続く持続可能な仕組みを構築していく。そうした実践を進めている『JAFREC』をつくりあげてきた過程や、現状、そして未来について素直に語ってもらった。

 

JAFREC(NPO法人日本農林再生保全センター)理事長、 上田悠貴氏(30歳)

 

──どのようなきっかけで、このような活動を始められたのでしょうか?

最初は竹林(里山)問題から始まりました。京都南部の僕が育った地域で、友人たちと竹林整備などを始めたのです。中学が同窓の友人たち5名くらいでした。中学卒業後の進路は異なっていましたが、何かとつながって、付き合いが続いていたのです。そんな仲間たちと、竹林所有者の高齢化と筍の価格下落で竹林が放置されているのを見て、なんとかしようと思ったのです。

実は、高校卒業時に大学入試に失敗して、浪人生活をするうちに、大学へ進学するよりも就職して事業のノウハウを身に着けたいと思ったのです。いずれ起業したかったのです。両親は公務員といった堅実な職業柄、子供には安定した将来を望み、進学にこだわっていたので、強く反対されました。それにも関わらず、半分、家を出るような形で通信関連の会社に就職しました。最初のうちは、実家で暮らしていましたが、ある程度してからは大坂で一人暮らしをしていました。ともかく、自分の将来を自分で切り開こうとする意思を貫いたのです。その会社で営業を2年ほど行い、その業界の事業のノウハウを身に着け、ある程度は資金も貯めたので、それを元手に、予定通りに起業しました。そして、ある程度は成功していました。

そんな頃に、何の影響なのか定かではないのですが、地域に入らねばと思ったのです。何となくです。「村おこし」とか「町おこし」といったことが割と、よく語られていたような時期でした。多分、漠然とながらも、その影響があったのでしょう。

但し、僕の家はいわゆる農村ではなくて住宅地にありましたから、自分の家の地域そのものへの関心ではありませんでした。それにその地域自体に特に関心があったわけではないのです。しかし、何かを契機に、地域の資産を生かして、その文化に関連する仕事には未来があるような、そんな気がしたのです。そこで、起業した会社の経営と並行して、地域に入る試みを始めようと思いました。

でも、もし既にその地域でそのような動きがあったなら、僕はその方向には進まなかったはずです。既に誰かがやっているようなことをする気にはなれなかったでしょう。うまい具合に、その地域には誰もそんなことに関心を持っている人が見当たらなかったから、僕はその気になったのです。でも、さすがにその分、障害が多くありました。

例えば、地域に入ると言っても、それがどういうことなのか、そしてどうすればいいのか全く分かりませんでした。高校を出て2年、まだ二十歳でした。今から10年前のことです。

そこで、手当たり次第、いろんな方に相談しました。そのうちの一つが行政でした。一般に行政は一介の若造のそんな質問や依頼に関わりあって、仕事を増やしたいなどと思わないものなのですが、幸運なことに、行政の方が地域のキーパーソンを幾人か紹介してくれました。そのうちの一人が、地域の世話役の中心のような方(地方議員)でした。そしてその方から、地域に入ることはどういうことかを教えられました。ずいぶん厳しいことも言われて、反発もしました。しかし、諦めず、そしてまた、すごく我慢してその方の話を聞きました。そして多くのことを教えられました。その厳しい指導もあって、徐々に地域の人々の世界に入れるようになったのです。具体的にその地域の人々を紹介もしてもらいました。

その地域は、農村というより、土木関係の仕事の方が多い地域で、閉鎖的な面もありましたが、いざ、そこに入っていくと、言葉は荒くても、驚くほど親切に多くのことを教えてもらいました。本当に、助けていただきました。

 

──活動がメディアでよく取り上げられているようですが、それは何がきっかけでしょうか。何か特別なコンセプトがあったのでしょうか?

地域に入って、いろんな模索をしているうちに、こういう地域振興、地域活性化の活動はもちろん地道にやるべきなのですが、それだけではだめだと思うようになりました。地道な活動と並行して、人々の関心を惹くために、何かシンボリックな広報が必要と思うようになりました。そこで、「流しそうめん」に着目したのです。それも普通のものだったら、関心を惹きそうにないので、「流しそうめんでギネスブックに」というイベントを行ったところ、脚光を浴びたのです。

流しそうめんは、日本の食育文化と日本の農林業にも関わるといった二重の意味で、僕たちの活動の象徴的なものでした。竹、そして竹林に対する関心の活性化、そしてそれを実際に体験して、その文化の意味を考える契機になるわけですから。

そのうちに、本来の竹林、里山の整備、保全から、対象が大きく広がるようになりました。次第に主要なコンセプトが農林業の活性化になってきたので、現在の名称になったのです。

最初はベンチャー企業の仕事も並行して行っていましたが、4年目くらいからは,その会社のほうは知人に任せて、ほとんど、こちら専業の状態になっています。

あの流しそうめんのイベント以来、いろんなメディアの取材を受けてきたので、特別に広報活動などに気を遣わなくても、プレスリリースをするだけで、知らないところから問い合わせが来ます。これも地域に限定されず、日本全体に活動が知られるようになった理由でしょう。

 

──現在の主な活動はどのようなものですか?

最近、特に活発にしているのは、行政からの委託事業その他、農産物の販売、移動農園(スーパーでの客寄せのイベントとしての筍堀、芋堀など、資材などをすべて持ち込みで設営して、1~2日のイベントが終われば撤収します)、それに流しそうめんなども合わせて、1年に70回ほどのイベントをしています。流しそうめんは食中毒のリスクなどもあるのですが、それには極力注意して、保険にも加入しています。幸いなことに、今のところは事故は一度も起こっていません。

最初の拠点は京都南部地域でしたが、今では関西ばかりか関東地域にも進出しています。移動動物園ならばそれを手掛けている団体は数あるでしょうが、移動農園というアイデアとそのイベントは日本では自分たちだけです。そのおかげで、日本全国から話が舞い込みます。明日も埼玉のイオンモールで移動農園を行いますので、今日はちょっと多忙なのです。

 

──今後の方向性についてはどのようにお考えでしょうか?

最初に関心を惹く象徴的なイベントとして始めた流しそうめんは、今でも一貫して好評です。京都などのイベントでは、とりわけ外国人に好評です。それに僕たちは「世界流しそうめん協会」を名乗っているのですから、世界に進出する責任があるような気もしてます。日本の農林業と固有の文化の紹介という二重の意味も備えているし、その効果には大きなものがあるはずだと思っています。

既に、ある程度はビジネスモデルが構築できているので、今後はそれを維持しつつも、さらに持続可能なモデルを開拓していかねばなりません。

例えば、農産物の団体(スーパーなど)向けの販売は既に行っているのですが、今後は個人向けのネット販売なども始めるつもりです。

恒常的なメンバーは2,3人で、そのほか、イベントの際には、20から30名のサポーターがいます。もちろん、労賃はきちんと払います。恒常的なメンバーを増やすことはあまり考えていません。僕が始めたベンチャー企業では社員を多く抱えて苦労した経験もあって、今のこの事業では、規模を増やすリスクを避けています。

今、特に気になっているのは、本来の僕たちの基軸事業である里山、竹林関連の活動では、メンバーが固定化してしまって、広がっていないことです。これをどうするかが大きな問題です。何といっても、これが本体であり、基軸事業なのですから。

 

──どうもありがとうございました。

こんな夢にあふれてしかも具体的なお話を聞く機会を得て、僕はすごく幸せです。それに何というか、地道な活動と並行しての広報というアイデア、そして、広大な構想力にも励まされる思いがしました。さらには、最初のアイデアとその実践から生まれた構想力とを現実にリンクさせて実践する行動力にも、すごい刺激を受けました。僕も微力ながら、応援したいと思いました。希望を失っているように見える若者たちに対するロールモデルとしての活躍を期待します。初心を忘れることなく、それと同時に、初心の枠に拘束されることなく、自由な発想で、羽ばたいていかれる姿を見守っていきたいと思っています。イベントなどが重なっている時期に、無理なお願いを聞き届けていただいて、本当にありがとうございました。

 

JAFRECの公式HPはこちら http://jafrec.org/

 

沿革

2008年8月 京都たけプロジェクト創業

2010年4月 特定非営利活動法人京都たけプロジェクト設立

2012年7月 特定非営利活動法人日本農林再生保全センターに名称変更

 

主な事業

  • 農サポ:農家支援、農作業受注、六次産業化支援、新規就農支援
  • 森サポ:竹林整備、荒廃林整備、木育教室の開催、竹や木を使った製品開発
  • 世界流しそうめん協会:流しそうめんイベントの企画、流しそうめん関連商品の販売
  • ツーリズム・都市農村交流企画:美山DOORS、農村ブランチ
  • イベント企画:農業体験イベント、田舎ぐらし体験、ワークショップなど